頭痛などで自律神経失調症と診断を受けられた方へ

2020/04/30 ブログ

大阪市北区南森町にある姿勢矯正専門整体院mintの東岡です!

コロナの影響で在宅勤務になってから、頭痛で来院される方が増えています。

先日来院されたTさんもその一人。

30代女性の方です。

(写真はイメージです)

頭痛があるので、頭痛外来に行かれました。

そこでCTとMRIを撮ってもらったけど、「異常なし」。

「異常はない、しかし、頭痛はある」

異常がないので精神的なものかもしれませんね。

ストレスをあまり貯めないようにしてください。

病名は「自律神経失調症」です。

精神安定剤を出しておきますので、しんどい時に飲んでください。

と、薬だけもらって帰ってこられました。

CTやMRIは、頸椎(首の骨)の小さなゆがみは写りません。

写らないので、「異常なし」となります。

しかし、それは「脳に異常がなかった」ということです。

異常がないのに頭痛が出るはずありません。

自律神経失調症=別名「病名のゴミ箱」と呼ばれています。

異常が見つからなかった時、それでも何かしらの病名を付けないといけないので

「自律神経失調症ですね。ストレスが原因です。」

と診断されます。

Tさんの首を触診すると、案の定、首の一番上の骨にゆがみがありました。

頭痛がある時、CTやMRIを撮ることはとても大事です。

それにより「脳」に異常がないか判断できます。

ですから、当院でもひどい頭痛がある場合は先に病院へ行くことをおすすめしています。

そこで「脳に異常なし」と診断されましたら、その精神安定剤を飲む前に、一度当院にご相談ください。

薬には副作用があります。

胃がムカムカしたり、便秘になる人も多いです。

その薬にも体は慣れてしまい、徐々に効かなくなっていきます。

薬の量を増やすか、もっと強い薬に変えるか… 

つまり、薬で誤魔化している間に、ますます状態は悪化していきます。

根本原因である首のゆがみを矯正しない限り、薬による対症療法は続きます。



姿勢矯正専門整体院mintの5つのお約束
1、ボキボキや力任せの矯正はしません。
2、よくわからない道具や時間稼ぎの機械も一切使いません。
3、全て「手」のみで施術致します。
4、完全予約制なのでお待たせしません。
5、12年の臨床経験と、のべ2万人の矯正実績と信頼