【肩首コリの根本原因になる「巻き肩」ってそもそも何?】

2020/11/20 ブログ

大阪市北区南森町にある姿勢矯正専門整体院mintの東岡です!

みなさんは「巻き肩」って言葉を聞いたことはありますか?

「巻き肩」とは、肩が内側を向いて巻くような状態になっている状態を言います。

猫背と勘違いされることも多いのですが、猫背は背骨が丸くなっているのに対し、巻き肩は背骨ではなく肩甲骨が前方に巻いてる状態です。
 

では、どうして巻き肩になるのでしょうか?

前かがみのパソコンやスマホ姿勢、横向き寝、柔らかい敷布団で寝ることで背骨が沈み肩が巻く…

他にもたくさん原因がありますがそれだけで文字数いっぱいになるので割愛。

巻き肩になると、肩の上側の筋肉(僧帽筋)が前方へ引っ張られます。

そのため筋疲労の原因となり、血液循環を阻害するため疲れやすく、また疲れが取れにくい体になります。

これが数ある肩こりの原因の中で、最も大きな要因です!

わかりやすいよう小学校の時にやった組体操を例に見てみましょう!
 

左右の子二人が肩甲骨くん。

中心の子が背中や肩首などの背骨に近い筋肉くん。

肩甲骨くん二人が地面に着けた手を前方に移動すると、中心の筋肉くんの両腕は前方に引っ張られることで負担が増します。

肩甲骨くんが地面に着く手を更に前方に移動すればするほど、筋肉くんの両腕は前方に引っ張られ負担が増大します。

これが巻き肩による肩こりの原因です!

中心の筋肉くんの両腕は、肩甲骨くんを必死に支えるために疲労しています。

筋肉くんの両腕は前方に引っ張られることで疲れたり痛みを感じますが、マッサージやもみほぐし、温めたりすると、一時的には気持ち良かったり楽になった気はしますが、

肩甲骨くんを支えないといけないのは変わりないため、またすぐに張り直さなければいけません。

つまり、この場合の肩こりの解消には、肩甲骨くんを通常の位置に戻してあげることが根本治療となりますね!

当院では巻き肩を矯正することにより、肩こりを根本から改善することを目的とした施術を行っております。