【マスク頭痛】めまいや吐き気!原因と改善方法

2021/06/12 ブログ

大阪市北区南森町にある猫背矯正,巻き肩矯正,反り腰矯正,ストレートネック矯正,O脚矯正と、それらの姿勢が原因で起こる肩こり,腰痛,頭痛,眼精疲労,めまい,自律神経の不調,不眠,冷え性やむくみの改善が専門の姿勢矯正専門整体院mintの東岡です。


ここ最近めっちゃ暑いですね。
こう暑いと辛いのがマスク。
そのマスクが原因で増えているのが「マスク頭痛」です。


低い気圧、高い気温、高い湿度。
それだけでも自律神経が乱れてしんどいこの季節。


追い打ちをかけるようにマスクをすることで、自分で吐いた息を吸う。
もちろん吐いた息には二酸化炭素が多く含まれています。


二酸化炭素をたくさん吸うとどうなるか?
脳内の血管が拡張します。
これが偏頭痛の原因ですね。


それともう一つ、二酸化炭素と共にマスク頭痛が起こる原因があります。
それは「筋肉のコリ」です。
マスクのゴムが筋肉を圧迫することで血流が悪くなり、筋肉にコリが生まれることが原因です。


具体的にはこめかみの筋肉である側頭筋(そくとうきん)、顎の筋肉である咬筋(こうきん)、耳の後ろから首につながる胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)にコリが生まれます。


気圧の変化による頭痛や、湿度や気温の変化による自律神経が原因の頭痛が増える梅雨の季節。
更にマスクによる「マスク頭痛」と、頭痛でお悩みの方がたくさん当院にもご来院されております。


まだデータは出せていませんが、例年の2倍近く、頭痛でご来院される方が増えている印象です。


マスク頭痛の改善方法→「マスクを外すこと」
当たり前ですがこれが一番の解決策です。


ただ、一度固くなった筋肉のコリはマスクを外しても元には戻ってくれません。
先述の筋肉をマッサージやストレッチで緩めてあげる必要があります。


各筋肉の緩め方はyoutubeやインスタグラムにたくさん上がっていますのでここでは割愛しますが、大切なのは【どの筋肉がこっているのか】を見つけることです。


先述した筋肉が全てこっているとは限りません。
もちろん3つ全てがこっている方もいれば、2つの方も、1つだけの方もおられます。
右側のコリはきついが、左側はそれ程でもないということもよくあります。


こっていない筋肉を間違えて緩めると、逆に悪化したり、ギックリ首など他の症状の原因にもなりますのでそこだけは気をつけてください。
わからないことなどありましたら、お気軽にご相談くださいね。

このようなことでお悩みの方はご相談ください】
・猫背
・ストレートネック
・巻き肩
・反り腰
・O脚
・肩こり
・首痛
・頭痛
・腰痛
・自律神経の不調
・不眠
・疲労感
・呼吸が浅い
・むくみ
・冷え
・自分に合ったセルフケアを知りたいorセルフケアだけでは限界を感じている
・やせにくい
・部分的に脂肪が付きやすい
・筋トレの効果が出にいくい
・悪い姿勢が原因で起こる肩首のコリ、腰痛、頭痛、自律神経失調症、不眠症、疲労感、冷え性やむくみで悩んでいる
・困り事は特に無いけど、自分の姿勢をチェックして欲しい
・座り方や寝方など、日常生活の正しい過ごし方を知りたいなど