O脚がストレッチや筋トレで改善されない本当の理由

2021/10/28 ブログ

大阪市北区南森町にある猫背,巻き肩,反り腰,ストレートネック,O脚,骨盤矯正と、姿勢が原因で起こる肩こり,腰痛,頭痛,眼精疲労,めまい,自律神経の不調,不眠,冷え性やむくみの改善が専門の姿勢矯正専門整体院mintの東岡です。


O脚でお悩みの方のご来院が最近めちゃくちゃ増えています。

月に5名ほどはO脚を改善したいと来られるご新規様です。

以前のブログでもお話ししましたが、O脚には大きく分けて2種類あります。


・内股のO脚
・外股のO脚


実は、同じO脚でも原因が全く違うためケアの仕方も真逆になるんです。 

初めて当院に来られたほとんどの方が、

「自宅でyoutubeやインスタ動画でO脚の改善方法などを見て試したけど効果が感じられなかった」

とご相談されます。

コロナの影響で自宅時間が増えた分、動画を参考にO脚ケアのストレッチや筋トレをされている方も多いと思います。

しかし、O脚というのは結果であって、原因ではありません。

結果にいくらアプローチしても、原因が解決していない限り改善はしませんし、一生それを続けなければいけません。

改善しないだけでなく、アプローチ方法を間違えるとO脚が悪化するばかりか、膝の痛みや腰痛につながるので注意が必要です。

そこで、内股のO脚かガニ股のO脚かを、簡易的にですが見分ける方法があります。

「あなたの腰は丸いですか?それとも反り腰ですか?」

腰が丸い方はガニ股O脚の可能性が高いです。

反対に反り腰の方は内股O脚の可能性が高いです。

「何でそうなるの?」と疑問を持たれた方、それでは実験してみましょう!

まずは腰を丸めて歩いてみてください。

いつもよりガニ股になるのが感じられませんか?

今度は反対に腰を反らせて歩いてみてください。

ガニ股歩きができない、もしくは先ほどよりやりづらくないですか?


つまり、O脚というのは脚だけの問題ではなく、腰の影響を大きく受けているんですね。

なので、O脚を改善したいからと脚のストレッチや筋トレをいくら頑張っても時間の無駄です。

一時的には良くなったように見える場合もありますが、1ヶ月でもそのストレッチや筋トレをサボると元のO脚に戻るでしょう。

O脚についてのご相談がありましたら、お気軽にご予約くださいね。